幸せになれちゃう話題をあなたへお届けします♪

コラーゲンを摂っても肌に塗っても浸透しない?コラーゲンを増やす方法は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

コラーゲンサプリメントを飲めば肌がぷるぷる、こんなイメージがありませんか。

実はコラーゲンを摂取してもお肌に塗っても浸透しないこともあるんです。

そこで、ぷるぷる肌になるためにコラーゲンを増やす方法を紹介します。

スポンサーリンク

コラーゲン摂取をしても肌のコラーゲンは増えない?

たしかに、コラーゲンを摂取すれば、
肌のコラーゲンが増えてぷるぷるの肌になりそうですよね。

しかし、サプリメントを摂取したり、すっぽんなどコラーゲンが豊富な食品を食べても、肌のコラーゲンは増えないといわれています。

コラーゲンはアミノ酸で構成されています。

サプリメントなどで摂取したコラーゲンは、
胃や小腸などで酵素でアミノ酸に分解をして、吸収しやすくします。

吸収されたアミノ酸は、
体内の必要な場所に運ばれて利用されます。

つまり、口から摂取したコラーゲンがそのまま肌のコラーゲンになるのではなく、アミノ酸に分解されてコラーゲン以外のことに利用されることもあるのです。

コラーゲン配合の化粧品では肌に浸透しない?

コラーゲンを配合した化粧品なら、
肌のコラーゲンを増やせそうですよね。

しかし、化粧品でもコラーゲンを増やすことはできません。

皮膚は表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。
コラーゲンが存在しているのは真皮層です。

コラーゲンは分子が大きい成分で、肌にはバリア機能があるため分子が大きな成分は肌表面にとどまってしまいます。

また、分子を小さくしても表皮にまでしか浸透しません。

そのため、コラーゲンを配合した化粧品を使用しても、肌のコラーゲンを増やすことはできません。

化粧品に配合されているコラーゲンには、
肌に潤いを与える働きがあります。

肌表面を覆って潤いを守ってくれます。

スポンサーリンク

肌のコラーゲンを増やす方法とは?

では、どうしたら肌のコラーゲンを増やすことができるのでしょうか。

体は体内でコラーゲンを合成することができるので、コラーゲンの合成を促す成分を摂取しましょう。

コラーゲン合成を促す成分が、アミノ酸、ビタミンC、鉄分です。

タンパク質を分解したものがアミノ酸なので、
食事からタンパク質を意識して摂取するようにしましょう。

ダイエットをしていてカロリーを気にする女性は、肉や魚などタンパク質が豊富な食品を控える傾向があります。

カロリーが気になるときは、白身魚や大豆製品がおすすめです。

また、調理方法を工夫することでもカロリーを抑えることができます。

揚げる、炒めるといった調理は油を使いカロリーが高くなりますが、蒸す、ゆでるといった調理方法なら余分な油をカットできてカロリーを抑えられます。

肉は脂身を取り除くとよいでしょう。

ビタミンCが豊富な食品は、
レモン、キウイ、イチゴ、赤パプリカ、パセリなどです。

水溶性ビタミンで一度にたくさん摂取しても
排泄されてしまうので、こまめに摂取をしましょう。

朝にスムージー、お昼にサラダ、おやつにフルーツといったようにすると、ビタミンCをこまめに摂取できます。

女性は毎月生理があり鉄分を失っているので、
鉄分不足の方が少なくありません。

意識をして摂取をしましょう。

鉄分が多い食品は、
レバー、卵、納豆、かつお、あさりなどです。

ヘム鉄と非ヘム鉄があり、吸収率はヘム鉄が15~20%、非ヘム鉄が2~5%程度です。

ヘム鉄はレバーなど動物性食品に、
非ヘム鉄はほうれん草など植物性食品に含まれています。

しかし、食べ方に工夫をすれば非ヘム鉄も吸収がよくなります。

非ヘム鉄はビタミンCやクエン酸、動物性タンパク質と一緒に摂取をすると吸収率が高まります。

緑茶などに含まれるタンニン、全粒粉や豆類に含まれるフィチン酸、乳製品のカルシウムは鉄分の吸収を妨げます。

これらと一緒に食事をしないようにすることも、
鉄分をしっかり吸収するために大切です。

まとめ

コラーゲンは肌の弾力を維持している成分です。

コラーゲンを摂取することで肌のハリがアップしそうですが、サプリメントなどで摂取しても肌のコラーゲンになるとは限りません。

そのためサプリメントなどでコラーゲンを摂取するのではなく、コラーゲン合成を促す食品を食べることがおすすめです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハピネス(happiness) , 2017 All Rights Reserved.