幸せになれちゃう話題をあなたへお届けします♪

梅雨時のスキンケアやメイク崩れを予防するには〇〇が必要?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

梅雨時の肌はとてもデリケートでトラブルに陥りやすい状態になっています。

 

盛夏になるまでの過程で、一番肌の状態が左右される時期が「梅雨時」です。

 

高温多湿の状態が続き、肌にストレスが与えられて梅雨時は肌荒れしやすくなります。

 

じめじめとした日々が続き、なおかつ夜は眠っている間に皮脂が不必要に分泌されて気付かない間に毛穴が詰まってニキビができてしまうこともあります。

 

こういった不快な梅雨時のスキンケアについて、肌の健康を保つためにはどうすべきか色々と調べてみました♪

 

スポンサーリンク

梅雨時のメイク崩れを予防する方法とは?

梅雨時をはじめ夏の暑い間はメイクは塗れば塗るほど崩れやすくなります。

 

塗れば塗るほど崩れないと思いがちですが、実は逆です。

 

梅雨から夏場にかけては湿気でメイクが溶けやすいので、保湿や化粧下地をうまく使って化粧崩れを避けるようにしましょう。

 

メイク崩れを予防するのには「保湿」がとても大事です。

 

少しでもメイク崩れを予防するためには保湿をして肌全体を潤します。

 

保湿が足りないと肌が乾燥して余分な皮脂が出やすくなるので、メイク開始時点から肌を潤して余分な皮脂が出てくるのをあらかじめ防いでおくという方法です。

 

保湿が終わったら次は化粧下地です。

 

基礎化粧品で肌の状態を整えた後には、まずは化粧下地を使って肌をコントロールします。

 

この下地の過程でメイク崩れ予防効果のある下地を汗をかきやすい部位・または顔全体に馴染ませます。

 

肌によくなじませてから使うとこのあとに使うファンデーションの化粧乗りが良くなります。

 

同じくファンデーションを塗る過程でも丁寧にパッティングするように肌に塗り、顔に馴染ませます。

 

このときに顔を手のひらで包んで、体温で押し込むと崩れにくくなります。

 

チークですが、汗や皮脂に強いのはパウダーチークよりもクリームチークです。

 

梅雨時はパウダーチークはあまりお勧めできません。粉末なので、顔から汗を拭きとるときに落ちやすいのです。

 

クリームチークはしっとりとしていて肌にフィットするので、顔をこすったりしない限り落ちません。

 

スポンサーリンク

梅雨のメイク直しはどうすべきか?

メイク直しのときは厚塗りを避けるようにしましょう。

 

汗や乾燥による皮脂でメイクが崩れてしまったときは厚塗りを避けてメイク直しをしましょう。

 

まずは汗をかいた部分をティッシュで優しく抑えて汗を吸わせます。

 

ファンデーションが落ちた部分は薄く塗りなおします。

 

このときにファンデーションをがっつり塗るとその部分だけ分厚い印象になるので、薄目を意識しましょう。

 

ファンデーションを塗ったあとは同じようにうっすらお粉を乗せます。

 

リップメイクが落ちた時は唇を綺麗にふき取ってから塗りなおすか、唇が荒れているときはグロスを使ってメイクを直すことをおすすめします。

 

アイカラーもファンデーション同様、厚塗りを避けてブラシで薄塗りをして直します。

 

梅雨時の肌トラブルを洗顔方法で予防するには?

肌トラブルが起こりやすい梅雨時には梅雨時に合ったスキンケアを行うようにしましょう。

 

梅雨時は皮脂や汗の分泌量が増えて毛穴が詰まりやすくなります。

 

分泌された汗や皮脂をそのまま放置しておくと肌の黒ずみやニキビを引き起こします。

 

肌のコンディションを日々観察しながら時々ピーリングを行うことをおすすめします。

 

メイクを落とすときには一時的に敏感肌用のクレンジングを使ってもいいかもしれません。

 

洗顔が終わったあとは化粧水と乳液をつけますが、いつもしっとりしたものを使っているのに突然さっぱりしたものに変えると肌がびっくりして対処しきれずに乾燥してしまったり…。

 

こういったときはプラセンタの使用をおすすめします。

 

表面は皮脂や汗で潤っているように見えてもインナードライになっていたりすることもあります。

 

プラセンタであれば保湿力を高めつつ肌の透明感を引き出します。

 

梅雨時は肌がくすみがちなので美容液を使うと効果的です。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ハピネス より:

    テスト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハピネス(happiness) , 2019 All Rights Reserved.