幸せになれちゃう話題をあなたへお届けします♪

乾燥肌が治らないのはクレンジングの選び方が間違っているかも?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

乾燥肌がなかなか治らない人は必見です!

毎日のメイク汚れをしっかりと落とすことは大切ですが、お肌に合っているものを使っていますか?

間違ったクレンジングの選び方をしているとお肌が乾燥してボロボロになってしまうこともあります。

そこで、しっとり美肌になるための正しいクレンジング選びや朝のお手入れをちょっと変えるだけでお肌がちゅるんになる方法も紹介しますね。

スポンサーリンク

乾燥肌が治らない原因がクレンジング?

毎日ハードなメイクをしている人は、家に帰ってきちんとメイクを落とすことはスキンケアの基本中の基本です。

ファンデーションやアイメイク、口紅などのようなポイントメイクも、肌に残さないようにきれいに取り除くことはとても大切です。

特に落ちにくいアイテムを使ってアイラインやマスカラの重ね付などをする人は敏感な目の周りにメイク汚れを残してしまうと肌トラブルを起こしてしまうことも心配されます。

疲れたからメイクを落とさずにそのまま眠ってしまったら翌朝ニキビができていた…こんな経験を持つ人は少なくありません。

肌にメイク汚れなどを残さないようにすることは確かに大切なことですが、顔全体とアイメイクや口紅などのポイントメイクを一つのアイテムで完璧に落とそうとしていませんか?

そうすると落ちにくいメイクがきちんと落とせるような洗浄成分の強いアイテムを選んでしまうことにつながります。

顔全体をそんなに強いクレンジング成分で万遍なくマッサージしてしまうと、メイクの落とし残りはなくなるかもしれませんが、肌に負担をかけてしまい肌荒れを起こします。

クレンジングすればするほど乾燥肌が治らなくなってしまいます。

これが乾燥肌が悪化してしまう原因の1つです。


スポンサーリンク

乾燥肌の人はクレンジング選びが重要!

乾燥肌の人は普段のスキンケアで保湿成分や油分がたっぷりと配合されたスキンケアアイテムを使用している人が多い事でしょう。

でも、汚れを取り除くクレンジング剤や洗顔料を選ぶ際は特に乾燥肌の人は要注意です。

洗浄成分の強すぎるクレンジング剤などを使用すると確かに肌の汚れは落としやすいように感じますが、同時に肌のうるおい成分まで根こそぎ洗い流してしまうことが心配されます。

スキンケアというと肌になにか栄養成分を与えることを想像しがちですが、実はどんなアイテムを使ってどんなふうに汚れを落とすか、つまりクレンジング選びはとても重要なポイントなのです。

乾燥肌の人には特に注意が必要で、界面活性剤のたっぷりと配合された洗浄力の強いクレンジングオイルなどを日常的に使用していると、肌はどんどん乾燥気味になっていくことも心配されます。

そんな時は肌にやさしいクレンジングミルクでメイク落としをするのがおすすめです。

ただし、クレンジングミルクは肌への刺激が少なく肌にやさしいのですが、落ちにくいポイントメイクなどを落とすにはやや作用が弱いのです。

クレンジングミルクを使ってメイク汚れを落とすときには、必ず事前にポイントメイク専用のアイテムを使ってアイメイクや口紅などのハードメイクを落としてから顔全体にクレンジングミルクを使うようにするのがおすすめです。

朝の洗顔をクレンジングミルクに変えてみる!

乾燥気味の肌の人は、朝は洗顔料を使わずに水やぬるま湯だけで洗って済ませるという人が少なくありません。

肌に刺激を与えすぎず、肌の潤いを奪いすぎないためにはなんとなく水やぬるま湯を使って洗う方が良いと感じるかもしれません。

しかし朝の洗顔にクレンジングミルクを活用すると潤いを残しつつ寝ている間に分泌された皮脂もきれいに落とすことができておススメです。

特に乾燥のひどい人は朝起きてクレンジングミルクを顔全体に伸ばして優しくマッサージし、Tゾーンなどの皮脂の分泌の盛んな部分はやや多めになじませるようにします。

そして濡らしたコットンやティッシュなどでふき取る方法が向いています。

朝から刺激の強い洗顔料でごしごしと洗うのではなく、肌にやさしいクレンジングミルクを使って肌をきれいにすることで汚れは落としながらも肌にはうるおい成分が補給されます。

これは乾燥肌の人には特に向いている洗顔方法だと言えます。

もう少しさっぱりと洗い上げたいと感じたら、ぬるま湯で洗い流すやり方もおすすめです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハピネス(happiness) , 2017 All Rights Reserved.