幸せになれちゃう話題をあなたへお届けします♪

格安SIMに乗り換え!料金やデメリットは?ナンバーポータビリティは使える?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

毎月の携帯電話の料金、正直高いと思っていませんか?

日本の有名主要キャリアで契約している場合だと、夫婦で支払うと安くても20000円弱。

一人分の稼ぎだけでこんなに毎月払えない!どうにか安く抑えたい!ということで、思い切って今話題の格安SIMに、夫婦で乗り換えてみました。

スポンサーリンク

格安SIMにしたキッカケとは?基本使用料金は?

独身時代は大手キャリアで契約していました。

その時は自分のものだけ支払いすればよかったのでそれほど考えていませんでしたが、縁あって結婚して、毎月の支払いが二人分になったことがキッカケで格安SIMについて調べ始めました。

そもそも格安SIMとは、IT会社などがドコモやauなどの大手キャリアの回線の一部を間借りするような形で誕生しました。

独自の回線を持たないぶん、基本使用料金を安くして利用者に提供できます。

格安SIMにすると、夫婦二人分の基本使用料金で毎月約3000円。

これは変えるしかない!と重い腰をあげ、二人の二年契約満了の時期は別々だったので、その時点で早かった夫の方の満了を待って、二人で乗り換えました。

格安SIMの魅力とは?ナンバーポータビリティは使える?

こんなに安くて今までみたいに本当に使えるのか、初めは正直不安でした。

しかし、思い切って使い始めて2〜3年経ちますが、通信状態や通話状態など今のところ特に不自由に思うことはありません。

大手キャリアの回線を使用しているので、圏外になることもまずありません。

自分の電話番号をそのまま使える制度、ナンバーポータビリティで乗り換えたので、電話番号も変わらずそのまま使用しています。

そして今契約している会社は、多くの人を悩ませる二年契約のしばりもないので、また他のところにいつ乗り換えても大丈夫です。

最初の不安も吹き飛ぶほどの快適さなのに、毎月の基本使用料金がこれまでの約5分の一にまで抑えられたことが最大の魅力ではないでしょうか。

大手キャリアの二年契約の途中解除の違約金ぶんやシムフリーの携帯電話の機種代も、すぐにもとが取れました。

もう、毎月の携帯電話代に高いお金は払えません。


スポンサーリンク

格安SIMのデメリットとは?

安い・快適でなんの文句もない格安SIMですが、もちろんデメリットもあります。

まずは電話の通話料金です。

大手キャリアではいくら話しても一定料金のプランが多いなか、格安SIMの多くの会社では通話をすればするほどその分だけ料金が加算されていきます。

いわば、その部分で利益を出していると言っても過言ではないでしょう。

インターネットなどで通信をするときも、最大データ通信使用可能量が少なく設定されています。

Wi-Fi環境が整っていない場所でアプリをダウンロードしたり、しょっちゅう動画サイトを見たりしていると、すぐに容量オーバーになってしまいます。

それから、キャリアのメールアドレスがなく、フリーメールのアドレスしか使用できません。

実際にメールマガジン登録や会員登録の際に、少し面倒だったことがありました。

多くの人が利用しているアプリ、LINEは問題なく使えますが、キャリア契約ではないのでID検索機能が使えません。

したがって長電話をよくする人や、キャリアのメールアドレスがないと困る人、自宅などにWi-Fi環境が整っていない人には不向きであるのかもしれません。

格安SIMのまとめ

このように格安SIMは、普段通話をあまりしない人や、Wi-Fi環境が整っている人にはとてもオススメです。

実際、通話はあまりしないので、本当に夫婦二人で3000円台しかかからない月もあります。

私達が乗り換えた頃は数社しかありませんでしたが、最近では格安SIMを取り扱う会社も多く増え、シムフリー機種の分割払い付きや、データ容量を家族で分け合えたり、無料通話付きのものなど様々なプランが登場しているので、自分に合ったものがないか一度調べてみてはいかがでしょうか?

思い切って乗り換えてみると、かなりの家計節約になりますよ。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハピネス(happiness) , 2017 All Rights Reserved.