幸せになれちゃう話題をあなたへお届けします♪

コストコ節約術で毎日が楽しくなる方法を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

アメリカ発祥のコストコ…1999年に日本に第一号店が生まれてから、はや20年あまり。今では女性の間で知らない人はいないくらい、コストコは有名な存在になりました。

コストコで買うべき品物や節約術をご紹介します。

スポンサーリンク

会員カードのあるお友達と一緒に出かける!

コストコは会員制のスーパーです。そのため会員カードを持っていないと正面ゲートから入れない可能性があります。

せっかく買う気満々でコストコを訪れたのに、何も買わずに帰らなければならないのは哀しいもの。

コストコの年会費は4,200円のため「会員カードを持っているお友だちと一緒に出掛けること」が節約の極意です。

会員カードは自分で作成しても良いのですが、年に数回行くか行かないくらいの頻度であれば「お友だちに便乗してお買い物を楽しむこと」もお薦めです。

コストコは何を買いたいか「買うべきリスト」を作っておく!

コストコは宝の山です。何を買うべきか予めリストを作っておかないと、次々に目の前にあらわれる商品に目が向き、気持ちの赴くまま買い物かごに入れてしまうことに繋がります。

予算に余裕があるときはそれでも大丈夫なのですが、そうではないときは、想定以上の買い物をおこなってしまうと、予算オーバーに繋がることがあります。

こうしたリスクを防ぐのが「買い物リスト」。

買い物リスト通りに狙ったアイテムのみ購入していけば、無駄なものを購入するリスクを減らすことができます。

コストコの食品は小分けして「冷凍保存」する

コストコの食品の量は半端なく多いです。

肉や魚・パンなどの食品は、帰宅後小分けの袋に分けて、冷凍保存しておくことがお薦めです。

冷凍保存しておくことによって「食べたいときに、食べたい量を好きなだけ」頂くことができます。

大量の塊肉を少しずつ毎日の料理に使うことができ、かえって一般的なスーパーで購入することに比べて「節約すること」ができます。

主婦向け雑誌にコストコ「無料体験チケット」あり

コストコは会員制のスーパーです。

会員カードを持っているお友だちに頼みづらいとき・1人でサクっと出かけたいとき、頼りになるのが主婦向け雑誌のおまけです。

コストコは不定期ですが、主婦向け雑誌に「無料体験チケット」クーポンを付けています。

電車の時間を待っているとき、会社帰りに本屋に寄り、こうしたおトクチケットが埋もれていないか、各雑誌をチェックするクセをつけておくと、とてもおトクです。

スポンサーリンク

コストコ平日の夕方はねらい目!

コストコは休日パーキングに車が列をなすほど、大混雑します。

ゆっくり自分のアイテムを見つけることは、節約ショッピングにおいても重要な要素。

意外なおすすめは、平日の14時~16時です。

この時間帯は幼稚園や小学生が帰宅する時間ということもあり、主婦層が少なく、広々としたスペースで商品をゆっくり見ることができます。

また天候が悪い日・ボーナスの前なども比較的空いています。

混雑した店内でのショッピングは、必要以上にイライラ度を高めてしまうもの。
意識して空いている日をセレクトすることも大切です。

コストコおすすめ!洗剤とパンはマストアイテム

コストコのディナーロールと、大容量の洗剤・キッチンペーパーはリピーターの多い人気アイテムです。

コストコを訪れる際は、チェックしておくと重宝します。

ダウニーなどの洗剤は「ドラッグストアやスーパーで購入するタイプより、量が多く安いこと」も人気の秘訣。

無くなりやすい消耗品こそ、大容量なおかつ安いコストコで調達しておきたいもの。

スペースに余裕のある方は、少し多めに購入しておくと安心です。

コストコのフードコーナーでリフレッシュ♪

コストコのフードコーナーはお買い物の醍醐味。

ボリューミーなパンやコーヒーなどのドリンクを、アメリカに旅行した気分でおトクに味わうことができます。

広い構内を歩いていると、足も棒のように疲れてしまうもの。

最終休憩所を賢く利用することで、コストコの買い物をさらに楽しくおこなうことができます。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハピネス(happiness) , 2017 All Rights Reserved.